インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

榛葉英治氏(小説家)

1999年2月20日 逝去

榛葉 英治(しんば えいじ、1912年10月21日 - 1999年2月20日)は、日本の小説家である。
静岡県掛川市生まれ。静岡県立掛川中学校(現在の静岡県立掛川西高等学校)を経て、早稲田大学英文科卒業。満州国外交部に勤める。敗戦後引き揚げ、仙台市の東北連絡調整事務局に勤務したが、1948年、辞職、上京して創作活動に専念、多くの通俗小説を書く。初期作品に『渦』『淵』『流れ』三部作がある。1958年の『赤い雪』は敗戦時の満洲の混乱を描き、直木賞受賞。
外祖父の村岡素一郎は民間史論家で、徳川家康の出自に関して独自の研究を行った榛葉英治『史疑徳川家康』p.236(雄山閣、1963年)。
*蔵王・蘇える女 東京文庫, 1951
*女人開花 鱒書房(コバルト新書) 1955
*渦・淵・流れ 近代生活社, 1956
*赤い雪 和同出版社, 1958
*誘惑者 光文社, 1958
*女の砂漠 光書房, 1958
*乾いた湖 和同出版社, 1958
*夜と昼の顔 アサヒ芸能出版, 1959
*漂う女 小壷天書房, 1959
*愛する日々 光文社, 1960
*午後の遊び 人間動物園 昭和書館, 1961
*女人記 七曜社, 1962(不作法随筆シリーズ)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら