インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

三宅久之氏(政治評論家)

2012年11月15日 逝去 ニュースソース

三宅 久之(みやけ ひさゆき、1930年(昭和5年)1月10日 - 2012年(平成24年)11月15日)は、日本の政治評論家、コメンテーター。元毎日新聞記者。通称「三宅先生」。
1930年(昭和5年)、現在の東京都杉並区阿佐谷/阿佐谷南一丁目、杉並区役所のすぐ隣の家で生まれた『新 家の履歴書』(『週刊文春』 2012・7・12、106頁)。父は日立製作所の技術者。6歳のときに父が北九州の工場に総務課長として赴任して戸畑市(現北九州市戸畑区)に引っ越して社宅暮らしになった。
太平洋戦争(大東亜戦争)が始まった翌年東京府立十九中(現:東京都立国立高等学校/都立国立高校)に入学。ゲートル巻いて国民服のような制服を着て通った。三年生から昭島市/昭島に通い、九七式艦上攻撃機などの海軍の飛行機をつくる会社で組み立て作業をした。 
1949年(昭和24年)に早稲田大学第一文学部独文科に入学『新 家の履歴書』(『週刊文春』 2012・7・12、107頁)。

ウィキペディアより)

公式サイト

三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス) 「日本の問題点」をずばり読み解く 愛妻・納税・墓参り 家族から見た三宅久之回想録 政権力 (青春新書) 三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス) 闘争―渡辺恒雄の経営術 ニュースが伝えない政治と官僚 (青春新書INTELLIGENCE) 三宅久之のやじうま政治学―政治ジャーナリスト四十余年の臨床診断

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら