インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小坂徳三郎氏(実業家・政治家)

1996年2月23日 逝去

小坂 徳三郎(こさか とくさぶろう、1916年1月20日『閨閥』、324頁。 - 1996年2月23日)は、日本の実業家、政治家。信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員、運輸大臣(53代)などを歴任した。
長野県長野市出身。1939年に東京大学大学院経済学研究科・経済学部/東京帝国大学経済学部を卒業後、朝日新聞社に入社する。10年間、経済畑で新聞記者として活動した後、戦後の1949年に長野県/信州に帰り、小坂財閥に復帰『閨閥』、325頁。
父の小坂順造が創設した信越化学工業に入社し、1949年同社代表取締役常務に就任。1951年から代表取締役副社長を務め、1956年に代表取締役社長に就任し 「信越化学工業第89期有価証券報告書」東京大学、16年間務めた。この間、経済界・財界では若手経済人のホープとして評価され、経団連、経済同友会などの役職について財界活動も始める。また、欧米への経済使節団に参加。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら