インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

エドワード・エルガー氏(作曲家)

1934年2月23日 がんにより逝去

初代準男爵サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar, 1st Baronet, :en:Order of Merit/OM, :en:Royal Victorian Order/GCVO、1857年6月2日 - 1934年2月23日)は、イングランドの作曲家、指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。
エルガーが遺した楽曲の多くは母国イギリスのみならず、世界中の演奏会で取り上げられている。中でも最もよく知られるのは『エニグマ変奏曲』や行進曲『威風堂々 (行進曲)/威風堂々』、ヴァイオリン協奏曲 (エルガー)/ヴァイオリン協奏曲、チェロ協奏曲 (エルガー)/チェロ協奏曲、2曲の交響曲などである。また、『ゲロンティアスの夢』をはじめとする合唱作品、室内楽曲や歌曲も作曲した。
1904年(47歳)にナイト、1931年(74歳)準男爵/准男爵に叙されている。1924年からは女王の音楽師範/国王の音楽師範を務めた。
Image:Elgar-birthplace.jpg/thumb/left/ウスター近郊にあるエルガーの生家。現在はエルガー生誕地博物館として整備されている。

ウィキペディアより)

エドワード・エルガー氏のお墓(英国ロンドン ウェストミンスター寺院)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら