インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

安岡章太郎氏(作家)

2013年1月26日 老衰により逝去 ニュースソース

安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年(大正9年)4月18日『戦後文壇放浪記』あとがきに、戸籍の上では5月30日だが、実際は4月18日が誕生日だと記している。 - 2013年(平成25年)1月26日)は、日本の小説家。高知市生まれ。満洲/北満に応召されるも結核により除隊。第二次世界大戦後、病臥の中で小説を書き、芥川賞候補となった『ガラスの靴』で登場。劣等生を以て自認し磯貝英夫「安岡章太郎」『万有百科大事典〔2版〕』(小学館、1973年)659頁、個人や市民の内面を掘り下げた私小説的作品で、「第三の新人」の一人と目された「安岡章太郎さん死去 第三の新人『海辺の光景』 92歳」『読売新聞』朝刊2013年1月30日1頁。アメリカ合衆国/米国留学後はエッセイでも活躍鳥居邦朗「安岡章太郎」『日本大百科全書〔デジタル版〕』(小学館)2021年2月13日アクセス。日本芸術院会員。文化功労者。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら