インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

殊能将之氏(作家)

2013年2月11日 逝去 ニュースソース

殊能 将之(しゅのう まさゆき、1964年1月19日 - 2013年2月11日)は、日本の推理作家。生前は覆面作家だったが、死後、本名:田波正と発表された。
福井県出身。福井県立藤島高等学校卒業。高校時代から『SFマガジン』の石原藤夫のコラム等に登場し「福井の天才」と呼ばれる。
名古屋大学理学部中退。在学中は名古屋大学SF研究会に所属し、SF、ミステリ、アニメ等の評論を発表。また、名古屋で勤務していたSF評論家中村融と親交を結び、のちに殊能日記に「知人」として頻繁に登場することになる。北沢克彦名義で翻訳した、F.M.バズビー「きみの話をしてくれないか」は、後に巽孝之編『この不思議な地球で』(紀伊國屋書店、1996年)に収録された。
中退後に上京し、セミプロジン『SFの本』の編集長だった志賀隆生が主催の編集プロダクション「オブスキュア・インク」に勤める。この頃、多数の個人ファンジンを製作。その後、体調を崩して退職して帰郷。作家デビュー後も常に福井在住だった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら