インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

青木美智男氏(歴史学者)

2013年7月11日 誤嚥性肺炎により逝去 ニュースソース

青木 美智男(あおき みちお、1936年〈昭和11年〉10月7日 - 2013年〈平成25年〉7月11日 )は、日本の歴史学者。元専修大学文学部教授。専門は日本近世社会史・文化史。近世史研究の第一人者と評された。
1936年10月7日、福島県東白川郡棚倉町に生まれる。明治大学文学部地理学科卒業。東北大学大学院文学研究科・文学部/東北大学大学院文学研究科修士課程修了。日本福祉大学社会福祉学部助教授、同大学経済学部教授を経て、1997年4月より専修大学文学部教授。2007年3月専修大学を定年退職。
専修大学校史の編纂やミシェル・ベルンシュタイン文庫の研究に尽力した。
2013年7月11日、調査先の金沢で誤嚥性肺炎により死去。
*『天保騒動記』(三省堂、1979年)
*『文化文政期の民衆と文化』(文化書房博文社、1985年)
*『一茶の時代』(校倉書房、1988年)
*『大系 日本の歴史11 近代の予兆』(小学館、1989年)
*『日本の近世 第17巻 東と西江戸と上方』(中央公論社、1994年)
*『近世尾張の海村と海運』(校倉書房、1997年)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら