インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中里信男氏(元八戸市長)

2013年7月15日 急性肺炎により逝去 ニュースソース

中里 信男(なかさと のぶお、1927年7月10日 - 2013年7月15日八戸市政発展に尽力 中里元市長が死去 - デーリー東北、2013年7月16日(47NEWS))は、青森県の政治家。青森県議会議員、元八戸市長で淀地区顧問。
盛岡工業専門学校 (旧制)/盛岡工業学校機械科を卒業後、日本砂鉄に就職。1954年に東北建機工業所(後に東北建機工業)を設立した。1967年に八戸市議会議員に初当選し、青森県議会議員を経て1985年(昭和60年)11月の市長選で現職秋山皐二郎に敗れるも、1989年(平成元年)11月に初当選を果たす。3期務め、長期政権を築いた市長と短命に終わった市長とで繰り返す交代の例外となった。市長在任中は八戸市医師会に距離を置かれつつあった日本共産党候補のみ対抗馬として立候補していたため、八戸戦争は休戦に至った。2013年7月15日に急性肺炎で死去。
青森県議会議員時代に八戸線の高架化について、国鉄に働きかけを行い1977年に実現へこぎつけた。高架化以前の八戸線は踏切が19ヶ所もあり1日4時間以上も渋滞している状態であった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら