インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

イワン・パブロフ氏(生理学者)

1936年2月27日 逝去

イワン・ペトローヴィチ・パブロフ(, Ivan Petrovich Pavlov, 1849年9月14日(グレゴリオ暦9月26日) - 1936年2月27日)は、ロシア帝国/帝政ロシア・ソビエト連邦の生理学者。
リャザンで生まれる。貧しい牧師の長男であった木々高太郎/林髞「パヴロフの業蹟の概括及二三の思索」『唯物論研究』1933年10月。1857年、高い塀から敷石の上に落ち重傷を負い長く病床につくパヴロフ著『大脳半球の働きについて』岩波文庫、1975年。1860年、リャザンにある教会の付属学校で、司祭になるつもりで勉強を始めるダニエル・P・トーデス著『パヴロフー脳と行動を解き明かす鍵ー』近藤隆文訳、大月書店、2008年。1864年、リャザン神学校に進学ダニエル・P・トーデス著『パヴロフー脳と行動を解き明かす鍵ー』近藤隆文訳、大月書店、2008年。1869年、リャザン神学校を卒業。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら