インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

天野祐吉氏(コラムニスト)

2013年10月20日 間質性肺炎により逝去 ニュースソース

天野 祐吉(あまの ゆうきち、1933年4月27日 - 2013年10月20日)は、日本のコラムニスト。雑誌『広告批評』主宰者、マドラ出版社主。
出身地は東京市足立区(現東京都足立区)。松山一高併設中学(旧制松山中学、現・愛媛県立松山東高等学校/松山東高)、愛媛県立松山南高等学校/松山南高卒業、明治学院大学中退後、創元社、博報堂を経て独立し、雑誌「広告批評」を創刊する。広告に対する批評で知られる。
2002年11月から2007年3月まで、中学・高校時代を過ごした愛媛県松山市にある松山市立子規記念博物館館長を務め、2007年4月より名誉館長に就任している。
2000年、65歳のとき31歳下の天野伊佐子夫人と再婚する。朝日新聞の連載コラム「天野祐吉のCM天気図」はまず夫人に読ませ、反応を見ながらより分かりやすい文章に仕上げていた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら