インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

津島利章氏(作曲家)

2013年11月25日 誤嚥性肺炎により逝去 ニュースソース

津島 利章(つしま としあき、1936年5月22日 - 2013年11月25日)は、日本の作曲家。岡山県出身。
愛媛県立新居浜工業高等学校電気科を卒業。上京し、東京工業大学を受験するも不合格となり、日本大学芸術学部音楽理論科に入学。音楽を志すつもりはなく、合格後も代々木の予備校に通った。夏休みに黄疸にかかり、翌年春までの闘病となり、工大受験を断念。
日本大学芸術学部3年生の折に作曲した『管弦四重奏』が、毎日音楽コンクールで入賞。周囲の勧めもあり、作曲家となる。1961年、フジテレビの『宮本武蔵』で注目を浴び、 1964年の『三匹の侍』で東映京都のプロデューサーの目に留まり、誘いを受けて映画音楽家となる。以後様々な映画やテレビドラマの音楽を担当した。『木枯し紋次郎』や『仁義なき戦い』にも映画音楽を提供した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら