インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

森田富士郎氏(映画カメラマン)

2014年6月11日 神経膠芽腫により逝去 ニュースソース

森田 富士郎(もりた ふじお、1927年12月14日 - 2014年6月11日)は、日本の撮影技師、撮影監督、特撮監督。
1927年(昭和2年)、京都府葛野郡太秦/太秦村(現在の京都市右京区太秦)の出身。映画監督の黒田義之とは京都市立太秦小学校の同級生だった。
1947年(昭和22年)、大映京都撮影所撮影部に戦後第一号入所。撮影助手として相坂操一キャメラマンに師事。当時、敗戦後の復員によって、京都撮影所は撮影助手だけで総勢40人の大所帯だった。相坂の他、杉山公平、宮川一夫の撮影助手も多数務めた。
1949年(昭和24年)、『幽霊列車』(野淵昶監督)、『透明人間現わる』(安達伸生監督)で円谷英二の特撮助手を務め、これが円谷との出会いとなる。
1957年(昭和32年)、『赤胴鈴之助 一本足の魔人』(安田公義監督)で相坂と共にビスタビジョン撮影を担当。
1960年(昭和35年)、『透明天狗』(弘津三男監督)で特撮を担当。
1962年(昭和37年)、『山男の歌』(村山三男監督)で撮影監督を務める。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら