インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

赤瀬川隼氏(作家)

2015年1月26日 肺炎により逝去 ニュースソース

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川 隼彦(あかせがわ はやひこ)、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。
三重県四日市市生まれ。10歳から18歳までの青少年期を大分市で過ごす。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行への16年の勤務『人は道草を食って生きる』P.97を経て、外国語教育機関(ラボ教育センターの運営会社のテックに勤務『潮もかなひぬ』(文春文庫)著者紹介し、のちに言語交流研究所(テックから、榊原陽らが独立して作ったヒッポファミリークラブの関連組織)に勤務し『宝石』1986年6月号「宝石図書館」主に広報の仕事に従事『人は道草を食って生きる』P.97、その後は全集物のセールスマンなどに従事『人は道草を食って生きる』P.134。
1983年に『球は転々宇宙間』で第4回吉川英治文学新人賞を受賞し本格的に作家デビュー。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら