インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

車谷長吉氏(作家)

2015年5月17日 誤嚥による窒息により逝去 ニュースソース

車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。出生時は「くるまたに」だったが、祖父の一存で「しゃたに」と役所に登録されていた時期が長く、2007年、正式に「くるまたに」に戻した高橋順子『夫・車谷長吉』211ページ。兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨/飾磨区)出身。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子、2017年に回想記『夫・車谷長吉』(文藝春秋)を刊行した。
かつては「反時代的毒虫」としての「私小説作家」を標榜しており、播州地方の方言を使った民衆言語で下層民の泥臭さを執拗に描き、近代と自己に疑問を投げかけるような苛烈な私小説において評価を受けた。
小地主兼自作農兼呉服屋の長男として兵庫県飾磨市下野田221番地(現・姫路市飾磨区下野田3-221)に生まれる車谷長吉『蟲息山房から』267頁。1947年、農地改革により実家が土地のほとんどを失い、地主ではなくなる車谷長吉『蟲息山房から』267頁。

ウィキペディアより)

夫・車谷長吉 赤目四十八瀧心中未遂 車谷長吉の人生相談 人生の救い (朝日文庫) 塩壷の匙 (新潮文庫) 人生の四苦八苦 蟲息山房から 車谷長吉遺稿集 贋世捨人 (文春文庫) 妖談 (文春文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら