インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ジュール・ビアンキ氏(レーシングドライバー)

2015年7月17日 レース中の事故により逝去 ニュースソース

ジュール・ルシアン・アンドレ・ビアンキ(Jules Lucien André Bianchi, 1989年8月3日 - 2015年7月17日)は、フランス・アルプ=マリティーム県ニース出身の自動車競技/レーシングドライバー。
ビアンキはイタリア人のイタリア人の姓名/姓だが出身地のニースはフランス領となったのが19世紀で、今でも住民の大部分はイタリア系である。

祖父は3度のグランツーリスモ/GTチャンピオンであるマウロ・ビアンキ。また、マウロの兄(続柄#伯叔祖父母(大おじ・大おば)/伯祖父)のルシアン・ビアンキ(:en:Lucien Bianchi/Luciano "Lucien" Bianchi, 1934年11月10日 – 1969年3月30日, ベルギー出身)は1959年のF1世界選手権/1959年から1968年のF1世界選手権まで活躍したF1ドライバーで、耐久レースにおいても1968年のル・マン24時間レースに優勝したというレース一家の出身。
3歳で初めてレーシングカートに乗り、5歳からカートレースを始め、2005年はフォーミュラAでアジア・パシフィックチャンピオン、2006年はフランスチャンピオンとなる。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら