インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

窪川健造氏(映画監督)

2015年8月6日 骨髄異形成症候群により逝去 ニュースソース

窪川 健造(くぼかわ けんぞう、1930年2月10日 - 2015年8月6日)は、日本の映画監督。主にテレビドラマの演出として活躍した。
1930年に文芸評論家の窪川鶴次郎と小説家/作家の佐多稲子の長男として生まれる。
1953年、東京大学仏文学科卒。近代映画協会にて吉村公三郎、新藤兼人両氏に師事。『原爆の子 (映画)/原爆の子』(1952年)に助監督として参加する。
映画監督デビューは松川事件の被告の家族を描いた『手をつないで』(1960年)。
専らフリーランス/フリーの立場でテレビ映画の監督として従事。テレビドラマ『チャコとケンちゃん』『木枯し紋次郎』『鉄平と順子』『放浪記』『剣客商売 (テレビドラマ)/剣客商売』などの演出を手掛けた。1978年放送の東海テレビ放送/東海テレビ製作フジテレビジョン/フジテレビ系ドラマ『雪山讃歌・ある青春立てた!滑れた!』で第1回赤十字映画祭テレビ映画部門最優秀賞。
2015年8月6日に骨髄異形成症候群のため東京都新宿区の自宅で死去。
* 手をつないで(1960年、近代映画協会)- 監督

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら