インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

遠藤光男氏(法曹)

2016年5月16日 くも膜下出血により逝去 ニュースソース

遠藤 光男(えんどう みつお、1930年(昭和5年)9月13日 - 2016年(平成28年)5月16日)は日本の法曹。元最高裁判所裁判官、弁護士。
1930年(昭和5年)9月13日、東京に生まれる。1952年(昭和27年)に法政大学法学部を卒業し、司法試験に合格する。法政大在学中は弁論部に在籍し活動した。1955年(昭和30年)に弁護士登録し、法政大学の講師 (教育)/講師を兼務する。1981年(昭和56年)、司法研修所民事弁護教官を務め、1984年(昭和59年)に法制審議会委員に就任する。1986年(昭和61年)に東京弁護士会司法修習委員長、1988年(昭和63年)に日弁連司法修習委員長を務める。
1995年(平成7年)2月13日に最高裁判所判事に任命され、2000年(平成12年)9月12日に退官する。法政大学出身の最高裁判事は、小谷勝重に次ぎ2人目である。また、2001年(平成13年)に法律扶助協会会長を務める。
2002年(平成14年)に勲一等瑞宝章を受章する。
2016年(平成28年)5月16日、くも膜下出血のため死去。叙正三位『官報』6801号、平成28年6月22日。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら