インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

船田享二氏(法学者)

1970年3月14日 逝去

File:Funada Ayako.JPG/thumb/130px/妻・文子(1953年)
船田 享二(ふなだ きょうじ、1898年(明治31年)1月13日 - 1970年(昭和45年)3月14日)は、日本の法学者、教育者、政治家。法学の専門はローマ法。教育者として学校法人船田教育会/作新学院院長。政治家として衆議院/衆議院議員(当選3回)、行政管理庁長官、賠償庁長官。政治家一家として知られた「船田三兄弟」の次男で、衆議院議長となった船田中は兄、自治大臣や運輸大臣などを歴任した藤枝泉介は実の弟にあたる。また夫人の船田文子は主婦連合会/主婦連副会長をつとめた。
1898年1月13日、船田兵吾の次男として、栃木県宇都宮市に生まれる。第一高等学校 (旧制) /一高、1921年東京大学/東京帝国大学法学部英法科卒業。1926年京城帝国大学准教授/助教授、1928年に同大教授となり、ローマ法を担当する。1943年法学博士号。

ウィキペディアより)

ローマ法入門 (1953年) 法思想史 (1953年) (勁草全書) ローマ法〈第4巻〉私法 (1971年) 法学提要 (1967年) ローマ法 全5冊セット

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら