インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小嶋一浩氏(建築家)

2016年10月13日 食道がんにより逝去 ニュースソース

小嶋 一浩(こじま かずひろ、1958年(昭和33年)12月1日 - 2016年(平成28年)10月13日)は、日本の建築家。横浜国立大学大学院Y-GSA教授。元東京理科大学大学院教授。元東京大学、東京藝術大学、東京工業大学、東北大学、広島工業大学、日本女子大学非常勤講師。(株)CAt(シーラカンスアンドアソシエイツトウキョウ)共同主宰。日本建築学会賞、吉岡賞、村野藤吾賞など多数受賞。*大学院在学中にシーラカンスを共同で設立。*作風は「白と黒」、「スペースブロック」などの独自のキーワードで建築を構築する。現在は、海外でも活動している。*妻は建築家の城戸崎和佐。*教育者として、小嶋lab.発足以来、せんだいデザインリーグファイナリスト、トウキョウ建築コレクション、各コンペティション入賞者を多く輩出するなど教育者として高い評価を得ている。大阪府生まれ* 1982年 京都大学工学部建築学科卒業(24歳)* 1984年 東京大学大学院修士課程修了(26歳)* 1986年 同大学大学院博士課程在学中にシーラカンスを共同設立。

ウィキペディアより)

小さな矢印の群れ (TOTO建築叢書) 小嶋一浩+赤松佳珠子 CAt |背後にあるもの 先にあるもの (現代建築家コンセプト・シリーズ) アクティビティを設計せよ!―学校空間を軸にしたスタディ (エスキスシリーズ) PLOT (02) 小嶋一浩―建築のプロセス(Global Architecture) CULTIVATE(カルティベイト) 空間練習帳 (建築文化シナジー) 20世紀の思想から考える、これからの都市・建築 未来の住人のために (OURS TEXT 001)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら