インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

佐藤一夫氏(政治家)

2016年11月16日 肝不全により逝去 ニュースソース

佐藤 一夫(さとう かずお、1947年7月21日 - 2016年11月16日)は、日本の政治家。元東京都国立市/国立市長(2期)。
東京都国立市谷保の300年続く旧家に生まれる。1966年、実践商業高等学校(現:実践学園中学・高等学校/実践学園高等学校)を卒業し、国立町(当時)役場に就職する。秘書広報課長、福祉部長、総務部参事を経て、2000年に国立市役所を退職。国立市社会福祉協議会会長に就任。
山口瞳のエッセイ「男性自身」の中にたびたび登場する「市役所のガマさん」のモデルであり、国立を舞台に撮影された山口瞳原作、高倉健主演の映画「居酒屋兆治」には、居酒屋のシーンにエキストラで出演したこともある。ハイキング、登山を趣味としていた。
2011年、国立市長選挙に自由民主党_(日本)/自民・公明党/公明・みんなの党/みんな3党の推薦を受け、関口博市長が就任以来、反対し続けている住民基本台帳ネットワークシステムへの接続や市政改革を訴え出馬。3,533票差で関口市長を破り、初当選を果たした。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら