インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ナット・ヘントフ氏(ジャズ評論家・小説家)

2017年1月7日 逝去 ニュースソース

File:Hentoff bio.jpg/thumb/250px/right/ナット・ヘントフ
ナット・ヘントフ(Nat Hentoff、1925年6月10日 - 2017年1月7日
ナット・ヘントフ氏死去 反骨を貫いたジャズ評論家、ジャーナリスト、小説家 ハフィントンポスト 2017年1月9日付)は、小説・ジャズ評論・短編・コラムなどに活躍しているアメリカの著作家である。
1952年に雑誌『ダウン・ビート』のライターとしてジャズ評論を書き始める。自分の雑誌『ジャズ・レビュー』(:en:The Jazz Review/The Jazz Review) を立ち上げ、『ウォールストリート・ジャーナル』や『ヴィレッジ・ヴォイス』(:en:The Village Voice/The Village Voice) にコラムを執筆。公民権運動にも関わる。
* 『ジャズ・カントリー』木島始訳 晶文社、1966年 講談社文庫、1978年
* 『ペシャンコにされてもへこたれないぞ!』片桐ユズル訳 晶文社、1971年
* 『私の話を聞いてくれ―ザ・ストーリー・オヴ・ジャズ』ナット・シャピロ共編著 新納武正訳 筑摩書房、1976年
* 『ぼくらの国なんだぜ』片桐よう子訳 晶文社、1980年

ウィキペディアより)

ジャズ・カントリー (文学のおくりもの ベスト版) ジャズ・カントリー (1969年) アメリカコラムニスト全集(17)ジャズに生きる (アメリカ・コラムニスト全集) ペシャンコにされてもへこたれないぞ! (1971年) (文学のおくりもの〈5〉) ボストン・ボーイ―ナット・ヘントフ自伝 ジャズ・イズ アメリカ、自由の名のもとに

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら