インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

若吉葉重幸氏(大相撲力士)

2017年2月23日 神経性分泌がんにより逝去

若吉葉 重幸(わかよしば しげゆき、1945年10月26日 - 2017年2月23日)は、大相撲のかつて宮城野部屋に所属していた力士である。本名は千葉 重幸(ちば しげゆき)。北海道夕張市出身。最高位は西前頭6枚目(1967年11月場所)。現役時代の体格は177cm、88kg。得意手は左四つ、出し投げ、掬い投げ、足癖。
実家は豆腐屋で、11人兄弟姉妹の末っ子として誕生。父親は重幸が1歳の誕生日を迎える前に急逝し、母親とも、14歳の時に死に別れている。
兄や姉達は夕張炭鉱で働いていたが、中学生の頃力士になりたいと志望し、親代わりの長兄の強い反対を押し切って1960年に上京。同郷の元横綱・吉葉山潤之輔/吉葉山が率いる宮城野部屋へ入門した。新弟子検査は5回受けたが体重不足のため4回続けて不合格となり、5回目にして漸く受かった。
1962年1月場所にて、16歳で初土俵。なお、同期の初土俵組には、後の小結・大潮憲司/大潮らがいる。翌3月場所、「千葉の山(ちばのやま)」の名で序ノ口に付いた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら