インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西尾慈高氏(プロ野球選手)

2017年5月5日 腎不全により逝去 ニュースソース

西尾 慈高(にしお しげたか、1934年2月27日 - 2017年5月5日)は、京都府京都市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。名の読みをよしたかと誤記した文献が多いが、正しくはしげたかである。
立命館神山中学校・高等学校/立命館神山高校から立命館大学経済学部に進学。関西六大学野球連盟 (旧連盟)/関西六大学リーグでエースとして活躍し、1954年春季リーグ優勝。直後の全日本大学野球選手権大会では、決勝で秋山登、土井淳らのいた明治大学硬式野球部/明大に敗れ準優勝にとどまる。同年9月に大学を中退して阪神に入団した。大学同期に吉田義男がいるが、吉田も1年で中退している。
1954年、1955年には先発として何度か登板機会を与えられたものの勝利を挙げることができなかった。1956年に中日戦でプロ初勝利となる完封勝利を記録し、この年は防御率2.80で3勝とまずまずの成績を残した。内角を入念にシュートできめ、ドロップで勝負を決める投球術が持ち味。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら