インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西郷竹彦氏(文芸学者・児童文学研究家)

2017年6月12日 急性肺炎により逝去 ニュースソース

file:saigotakehiko.jpg/サムネイル/瀬戸内市牛窓にて(2016年12月)
西郷 竹彦(さいごう たけひこ、1920年3月15日 - 2017年6月12日 文芸教育研究協議会会長の西郷竹彦さん死去 - 朝日新聞 2017年6月13日)は、文芸学者、児童文学研究者、ロシア文学翻訳家。
鹿児島市生まれ。幼くして両親に死なれ孤児として育つ。上京後、土方などをして苦学、東京帝国大学理学部応用物理学科に学ぶ。第四航空師団に召集され朝鮮平壌航空隊に配属、敗戦時、ソ連の捕虜となり、のちモスクワ東洋大学日本学部講師として日本文化・文学を教え、1949年帰国。ロシア児童文学の翻訳を多数行い、のち文学教育を中心として多数の翻訳、創作、論考、著書を著した。文芸教育研究協議会(文芸研)の理論的支柱であった。『子どもの本 その選び方・与え方』実業之日本社(育児教育シリーズ)1964『文学教育入門 関係認識・変革の文学教育』明治図書出版 1965『関係認識・変革の教育』明治図書出版 1966『教師のための文芸学入門』明治図書出版(明治図書新書)1968『お話と絵本の相談室 幼児の文学教育』明治図書出版 1968

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら