インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大内延介氏(将棋棋士)

2017年6月23日 逝去 ニュースソース

大内 延介(おおうち のぶゆき、1941年10月2日 - 2017年6月23日)は、棋士 (将棋)/将棋棋士。土居市太郎名誉名人門下。棋士 (将棋)#棋士番号/棋士番号は86。東京府東京市(現:東京都港区 (東京都)/港区)出身。中央大学卒業。
小学4年生のとき、将棋道場で二枚落ちで3連敗し、それがきっかけで将棋にのめりこむ。小学6年生の頃には、駒 (将棋)/将棋の駒の名産地として知られる山形県天童市にて、1か月間の将棋修行をした「将棋世界」(日本将棋連盟)2000年1月号付録。
1954年、土居市太郎名誉名人の最後の弟子として入門。1963年4月1日の四段昇段(プロ入り)は、米長邦雄と同期である。
1963年のプロデビュー直後、初参加の順位戦から2期連続昇級。
1967年、第8期王位戦 (将棋)/王位戦にて大山康晴への挑戦権を得、タイトル戦初登場。六段の挑戦者は当時史上初で、七番勝負は1勝4敗で敗退した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら