インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

山本茂実氏(小説家)

1998年3月27日 逝去

山本 茂実(やまもと しげみ、1917年2月20日 - 1998年3月27日)は、日本の小説家。非常に寡作な人物であり、代表作「あゝ野麦峠」で日本文学史にその名を刻んだ。
長野県東筑摩郡松本村 (長野県)/松本村に農家の長男として生まれる。松本青年学校に通うが、1937年に召集され近衛歩兵第3連隊に入る。終戦後は農業に従事し、31歳になってから上京し、早稲田大学文学部哲学科の聴講生となる。青年海外協力隊の専任講師も務めた。
松本市歴史の里に「山本茂実記念館」がある。
*1948年(昭和23年) - 雑誌「葦」を創刊。
*1952年(昭和27年) - 雑誌「潮」を創刊し編集長となる(現在の潮出版社から発行されている「潮」とは別)。
*1968年(昭和43年) - 「あゝ野麦峠 - ある製糸工女哀史」を発表。250万部のベストセラーとなった。
*生き抜く悩み 哲学随想録 広文堂書店 1948 のち角川文庫
*救われざるの記 葦会 1950
*嵐の中の人生論 葦会 1953 のち角川文庫
*愛と死の悩み 吾等いかに生くべきか(人生論 第2部) 葦出版社 1954 のち角川文庫

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら