インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

森山京氏(童話作家)

2018年1月7日 脳出血により逝去 ニュースソース

森山 京(もりやま みやこ、1929年〈昭和4年〉7月10日 - 2018年〈平成30年〉1月7日)は、日本の童話作家。東京生まれ。兵庫県立福崎高等学校/兵庫県立福崎高等女学校卒業、神戸女学院大学中退。大阪阪急百貨店宣伝部勤務を経てフリーのコピーライターとなり、日本デザインセンターで活動した。40歳から創作を始める。1968年「子りすが五ひき」で講談社児童文学新人賞佳作、1989年「きつねのこ」シリーズで路傍の石幼少年文学賞、1990年『あしたもよかった』で小学館文学賞、1996年『まねやのオイラ旅ねこ道中』で野間児童文芸賞、1999年『パンやのくまちゃん』でひろすけ童話賞、2009年『ハナと寺子屋のなかまたち』で赤い鳥文学賞を受賞。2018年1月7日、脳出血のため、神奈川県横浜市の自宅で死去https://www.oricon.co.jp/news/2103848/full/ 児童文学作家・森山京さん脳出血のため死去 『きつねの子』シリーズなど ORICON NEWS 2018年1月10日。*『こりすが五ひき』講談社 1969 のち青い鳥文庫*『こりすのはんかち』銀河社 1975*『森のゆうびんや』フレーベル館 1976

ウィキペディアより)

一さつの おくりもの (どうわがいっぱい) きつねの子シリーズ(全5巻セット) いのちの木 (ポプラせかいの絵本) おとうとねずみチロのはなし ありがとうっていいもんだ こうさぎのあいうえお (どうわのひろばセレクション) 土佐日記・更級日記 (21世紀によむ日本の古典 4) あやとりひめ―五色の糸の物語 (おはなしランドくじらの部屋)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら