インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

金関恕氏(考古学者)

2018年3月13日 心不全により逝去 ニュースソース

金関 恕(かなせき ひろし、1927年11月19日 - 2018年3月13日https://www.asahi.com/articles/ASL3H3D10L3HPTFC009.html 考古学者の金関恕さん死去 イスラエル遺跡調査手がける 朝日新聞、2018年3月15日)は、日本の考古学者。 天理大学名誉教授 金関恕 名誉教授講演 - 天理大学。
京都市生まれ。1936年、医学博士で考古学の研究にも大きな業績を残した父親金関丈夫の台北帝国大学就任にともない台北に転居。父親の考古学発掘調査を手伝ってその面白さに魅了される。
松江高等学校 (旧制)/旧制松江高等学校を経て、1953年、京都大学文学部考古学専攻を卒業。同大学院をへて1956年、奈良国立文化財研究所臨時筆生。その間、山口県土井ヶ浜遺跡、梶栗浜遺跡など弥生時代の遺跡や奈良県飛鳥寺、大阪市四天王寺の発掘調査に参加。
1959年、天理大学に勤務。同大学文学部教授。大学では日本オリエント学会主催のイスラエル、テル・ゼロール遺跡の発掘調査に参加。その後「聖書考古学発掘調査団」を組織してエン・ゲヴ遺跡の発掘調査を実施。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら