インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

立川左談次氏(落語家)

2018年3月19日 食道がんにより逝去 ニュースソース

立川 左談次(たてかわ さだんじ、1950年12月2日 - 2018年3月19日)は、落語家。本名は山岡 通之。東京都調布市出身。落語立川流に所属。出囃子 (落語)/出囃子は『あの町この町』。
* 1968年4月7代目立川談志#7代目立川談志/立川談志に入門し、前座名立川 談奈を名乗る。当時は落語協会に所属していた。同年、談志出演の映画『昭和元禄ハレンチ節』にワンシーンながら出演。
* 1973年9月二つ目に昇進し、立川左談次に改名。
* 1982年12月真打昇進。
* 1983年談志の落語協会脱会及び落語立川流の創設に伴い、落語立川流所属となる。
* 2016年8月、自身のTwitterで食道がんであることを公表し、以降は高座に上がりながら治療を続けていた。
* 2018年3月19日21時20分、食道がんのため、東京都内の病院で死去
。最後の高座は、2018年3月11日「渋谷らくご」での『初めてのさよなら』であった。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら