インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

太田正一氏(詩人・ロシア文学者)

2018年3月24日 低酸素脳症により逝去 ニュースソース

太田 正一(おおた しょういち、1945年 - 2018年3月24日https://www.asahi.com/articles/ASL3V4VF0L3VUCVL01J.html 太田正一さん死去: 朝日新聞)は、日本の詩人、ロシア文学者。
宮城県出身。早稲田大学大学院修了。第7次「早稲田文学」再開とともに小説・詩を発表。静岡大学、慶應義塾大学、宇都宮大学、明治学院大学その他で、ロシア語・ロシア文学・ロシア文化論を講じた。ロシアの作家ミハイル・プリーシヴィンの半世紀にわたる「日記」( 「プリーシヴィンの日記」成文社)を翻訳中。さいたま市在住。
* 第10回小野梓記念賞(詩『頭痛天体』)
* 第2回木村彰一賞(訳書『ロシアの自然誌』『森のしずく』)
* 惑星監獄の夢(埴輪、1968)
* 長編詩三部作 頭痛天体交響楽(「頭痛天体」「壁の中」「ヒラヌヤ・ガルバの詩」)(珠真書房、1974)
いずれも筆名、キキ。
* プリーシヴィンの森の手帖(編訳著、成文社、2009)
*『森のロシア野のロシアー母なる大地の地下水脈から』(群像社、2007)
* はだしで大地を(アレクサンドル・ヤーシン、群像社、2016)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら