インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

月亭可朝氏(落語家・漫談家)

2018年3月28日 急性肺線維症により逝去 ニュースソース

初代月亭 可朝(つきてい かちょう、1938年3月10日 - 2018年3月28日)は、神奈川県横浜市出身(同県三浦郡葉山町生まれ古川嘉一郎他『上方笑芸の世界』白水社、1984年、103頁)の落語家・漫談家。本名は鈴木 傑(すずき まさる)。通称「カチョヤン」。後年は兵庫県西宮市に居住した。
幕末以来の「月亭」の亭号を名乗り、弟子に月亭八方など、孫弟子に月亭八光/八光や月亭方正/方正などを持ち、「月亭一門」を形成している。定紋は月紋、または米朝一門/桂米朝一門の用いる結び柏。出囃子 (落語)/出囃子は「ああそれなのに」または「芸者ワルツ」。
デビュー以降、最初の師匠の事務所であった吉本興業に長年所属し、米朝一門に移ったのちも、一門の多くのように米朝事務所(1974年創立)に所属せず、ケーエープロダクション、スパンキープロダクションを経て、フリーとなる。
神奈川県に生まれ、就学前に親の仕事の関係で大阪に移る。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら