インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中元清純氏(作曲家)

2018年4月10日 肺炎により逝去 ニュースソース

中元 清純(なかもと きよずみ、1930年10月18日 - 2018年4月10日)は、日本の作曲家。1952年以来、主として宝塚歌劇団の音楽を担当する。宝塚歌劇団理事、宝塚音楽学校声楽担当などの要職を務める。兵庫県神戸市出身。
著書に「琵琶の教科」がある。1970年に開催された日本万国博覧会では、閉会式のプロデューサーを担当した。
宝塚歌劇においては、昭和30年代以降ヒット曲を連発し、宝塚音楽史上に一時代を築いた。とりわけ音楽担当として参加した「華麗なる千拍子」(1960年)や「虹のオルゴール工場」(1963年)などはひと際成功を収め、その地位を不動のものとし、代表作に数えられる。特に後者作品では、芸術祭 (文化庁)/文部省芸術祭奨励賞を受賞した。
都布良ひとみ(女優・元宝塚歌劇団娘役・77期生)は中元の娘である。
2018年4月10日、肺炎のため死去。87歳没。
カッコ内は、楽曲が使用された劇作品名および作詞者。
*『いつか夢に見し』(1956年『かっぱの姫君』、作詞:高木史朗)
*『落葉散る丘の小径』(1957年『高校三年生』、作詞: 内海重典)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら