インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

流政之氏(彫刻家・作庭家)

2018年7月7日 老衰により逝去 ニュースソース

流 政之(ながれ まさゆき、1923年2月14日 - 2018年7月7日)は、日本の彫刻家、作庭家。
1923年長崎県に生まれ、幼少時代は東京で過ごす。父親は政治家で立命館大学創設者の中川小十郎で、中川が57歳のときに生まれた。1936年京都に移り、1942年立命館大学法文学部へ進学。その後中退し、海軍予備学生出身の零式艦上戦闘機/零戦搭乗員として終戦を迎える。その後、世界各地を放浪、独学で彫刻を学び現在に至る。1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品(パーマネントコレクション)として収蔵されており、彼の国際的評価の高さを裏付けている。1967年には、タイム (雑誌)/TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれた。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら