インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

善本秀作氏(彫刻家)

2018年7月15日 慢性心不全急性増悪により逝去 ニュースソース

善本秀作(ぜんもと しゅうさく、1934年 - 2018年7月15日 南砺の彫刻家・善本秀作氏が死去 日展で活躍、83歳 北日本新聞ウェブ、2018年7月16日)は日本の彫刻家。
*現代の名工選出、富山県彫刻家連盟委員長、井波彫刻協同組合理事長、井波彫刻木彫刻工芸高等職業訓練校長。
*1934年、北海道旭川市生まれ。木彫り職人に憧れ、26歳で井波彫刻の三代加茂蕃山に師事。以後、主に日展を舞台に活躍し特選2度受賞、1983年に会員、1996年に評議員に就く。信仰心の厚い母の影響で仏像制作をライフワークとし、完成に5年半を要した「釈迦十大弟子像」など数々の優れた木彫作品を手掛けた。2005年、黄綬褒章受章「春の褒章 本県関係者8人」『読売新聞 富山版』2005年4月28日。2018年7月15日、逝去。享年83歳。
*『石狩の夏』 - 北海道旭川市8条斜線通の野外彫刻
*『黎明の宙』 - 北海道旭川市ごりょう公園の野外彫刻


*旭川の野外彫刻
*荒井寿斎
*井波彫刻
*宇津孝志
*加茂辰蔵
*加茂為男
*前川正治

Category:日本の彫刻家
Category:黄綬褒章受章者
Category:北海道出身の人物

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら