インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

布勢博一氏(脚本家)

2018年8月13日 慢性腎不全により逝去 ニュースソース

布勢 博一(ふせ ひろいち、1931年10月18日 - 2018年8月13日)は、日本の脚本家。布施 博一とも表記される。博一を「ひろかず」と読む場合があるが、「ひろいち」と読むのが正式な脚本家名である 日本脚本家連盟信託者名簿。
満州の奉天市(現・瀋陽市)出身、その後幼少時代を奉天で過ごす。明治大学文学部演劇科中退。日本脚本家連盟ライターズスクール研修科常任講師を務めていた。東京都目黒区に在住した。
代表作は『熱中時代』、『たけしくん、ハイ!』、『純ちゃんの応援歌』、『天までとどけ』など。
2000年に糖尿病のため失明したが、創作活動を続けた。
2018年8月13日、慢性腎不全のため死去。
特に記述のないもの以外、すべて脚本担当
* ダイヤル110番(1957年 - 1964年、日本テレビ放送網/日本テレビ系列)
* 三百六十五夜#TVドラマ/三百六十五夜(1961年、日本テレビ系列)
* 或る女#テレビドラマ/或る女(1962年、日本テレビ系列)
* おにぎり (テレビドラマ)/おにぎり(1966年 - 1967年、日本テレビ系列)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら