インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

コンスタンチン・トーツキー氏(軍人)

2018年8月23日 逝去

File:Konstantin Totsky.jpg/200px/thumb
コンスタンチン・トーツキー(;1950年2月23日 - 2018年8月23日)は、ロシア連邦の軍人(国境警備隊員)、チェキスト。上級大将。最後のロシア連邦国境庁(FPS)長官。
ウズベク・ソビエト社会主義共和国ブハラ州カガン (ウズベキスタン)/カガン市の軍人一家に生まれた。ロシア人。1967年、モスクワ高等国境指揮学校に入校。卒業後、1971年、アラクルチン国境支隊の副国境前哨長、数ヵ月後に第8国境前哨長に任命。
1974年、M.V.フルンゼ名称軍事アカデミー国境軍学部に入校し、卒業後、1977年、ユジノサハリンスク国境支隊国境警備司令として勤務。1980年、ソ連国家保安委員会(KGB)太平洋国境管区本部第1課で勤務し、その後、ユジノサハリンスク国境支隊参謀次長。1981年~1985年、ナホトカ国境支隊参謀長。
1985年、ホログ国境支隊長に任命され、アフガニスタンで勤務。1987年、アフガニスタンでの功績に対して、赤旗勲章を授与された。1989年11月、イランとアゼルバイジャンの国境に位置するレンコラン国境支隊長に任命。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら