インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

鵜狩道夫氏(プロ野球選手)

2018年8月27日 逝去 ニュースソース

鵜狩 道夫(うがり みちお、1936年7月14日 - 2018年8月27日https://twitter.com/kakoikai/status/1034132923660685312 鹿鯉会による訃報 - 鹿鯉会公式Twitter、2018年8月27日。)は、鹿児島県日置市出身の元プロ野球選手(投手)、スポーツ店経営者。現役時代は「鵜狩 好応」、「鵜狩 道旺」の登録名も使った。
鹿児島県立伊集院高等学校/伊集院高から社会人野球の鹿児島市交通局を経て、1955年に埼玉西武ライオンズ/西鉄ライオンズに入団。
西鉄では3年間で1勝もできなかったが、1958年に広島東洋カープ/広島カープに移籍すると初勝利を含め6勝を挙げる。1958年9月19日、長嶋茂雄に幻の本塁打を打たれる。翌1959年には、元大阪近鉄バファローズ/近鉄パールス監督の藤田省三 (野球)/藤田省三からマンツーマンの指導を受け、シュート (球種)/シュートをマスターして11勝、以後は投手陣の柱の一角を担った。ピッチングスタイルは速球とカーブ (球種)/カーブを基調としたオーソドックスな右の本格派で、10完封のほか、25完投も記録。1960年代のカープを支えた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら