インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

則武真一氏(政治家)

2018年10月2日 老衰により逝去 ニュースソース

則武 真一(のりたけ しんいち、1931年4月1日 - 2018年10月2日)は、日本の政治家。元衆議院議員(日本共産党公認、1期)。治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟岡山県本部長。
岡山県出身。広島大学文学部仏文学科を卒業後、山陽新聞記者、同労働組合/労組委員長や日本新聞労働組合連合/新聞労連中央執行委員などを歴任。岡山県議会/岡山県議を務めた後、第35回衆議院議員総選挙/1979年の衆院選で岡山県第1区 (中選挙区)/岡山1区から立候補し初当選。第36回衆議院議員総選挙/1980年の衆院選にも立候補したが再選はならなかった。
2006年12月10日、報道関係者OBと共に岡山マスコミ九条の会を設立する 岡山マスコミ九条の会が発足 平岡敬代表が記念講演 - 「憲法News」2006年12月12日。
2018年10月2日、老衰のため岡山市北区 (岡山市)/北区の病院で死去。 則武真一氏(のりたけ・しんいち=元共産党衆院議員) - 中国新聞アルファ 2018年10月6日https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36221260W8A001C1AC1000/ 則武真一氏が死去 元衆院議員 - 日本経済新聞 2018年10月6日。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら