インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

萩原千秋氏(プロ野球選手)

2018年10月5日 進行性多巣性白質脳症により逝去 ニュースソース

萩原 千秋(はぎわら ちあき、1938年12月1日 - 2018年10月5日)は、山梨県出身のプロ野球選手、(外野手)。
山梨県立日川高等学校/日川高校から駒澤大学へ進学。当時の東都大学野球連盟/東都大学リーグは、専修大学硬式野球部/専大、日本大学硬式野球部/日大の二強時代で、在学中の優勝はならず、2位2回にとどまる。1960年春季リーグでベストナイン(外野手)に選出された。
1961年に東映本社入社と同時に北海道日本ハムファイターズ/東映フライヤーズへ入団。右足骨折で2年間を棒に振るが、1963年には一軍に定着。同年は毒島章一の長期欠場もあり、7月以降は右翼手として40試合に先発出場を果たす。東映には張本勲、白仁天、毒島といった実力者がおり、その後もレギュラーには届かなかったが、控え外野手や代打要員として長く活躍した。1971年限りで引退。引退後は東映本社に復帰し、常務を務めた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら