インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

手塚明治氏(プロ野球選手)

2018年10月9日 老衰により逝去 ニュースソース

手塚 明治(てづか あきはる、1921年10月10日 - 2018年10月9日)は、長野県出身の元プロ野球選手(内野手)。1956年の登録名は手塚 耀朗(てづか てるお)。松商学園高等学校/松本商業学校から明治大学硬式野球部/明治大学、社会人野球の中央工業、今泉産業、小口工作所を経て、1949年に読売ジャイアンツに入団。1年目から控えの内野手として80試合に出場。2年目には三塁手のポジションを獲得し、5番打者として117試合に出場した。翌年は宇野光雄がレギュラーとして出場する事が多くなり出場試合も減った。1954年、宇野が東京ヤクルトスワローズ/国鉄スワローズに移籍したため再び三塁のレギュラーを獲得した。この年は4番打者を務める試合もあった。1955年に横浜DeNAベイスターズ/大洋ホエールズに移籍し、自己最多となる123試合に出場した。翌1956年に現役を引退した。97歳の誕生日の前日である、2018年10月9日19時38分、老衰のために死去した。{/ /-/style="text-align: center;"//rowspan="6" style="text-align: center; white-space:nowrap;"/読売ジャイアンツ/巨人

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら