インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

長部日出雄氏(小説家・評論家)

2018年10月18日 虚血性心不全により逝去 ニュースソース

長部 日出雄(おさべ ひでお、1934年9月3日 - 2018年10月18日)は、日本の小説家、評論家。
青森県弘前市出身。故郷である津軽地方/津軽についての小説、エッセイを多数、発表。また津軽出身の棟方志功、太宰治らの評伝を執筆。また、監督した映画『夢の祭り』では津軽三味線に熱中する若者達を描いている。近年は、主に評論作品を発表。かつては左翼/左派だったが、近年は反共主義/反共右翼/右派の立場を鮮明にして、民主党 (日本 1998-2016)/民主党政権を容共として激しく非難しており、日本は反共の旗を降ろすなと提言している。
ミュージシャンの大友康平は甥。
文章中に繰返し符号「々」を使用しないことが知られている。
左派的な人物だったが、21世紀以後天皇への関心を深め、天皇崇拝者への転向を表明した。
2018年10月18日、虚血性心不全のため、東京都内の自宅で死去https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102400634&g=soc 直木賞作家の長部日出雄さん死去、84歳 - 時事ドットコム 2018年10月24日。
*1950年 - 青森県立弘前高等学校入学。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら