インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

北白川道久氏(旧皇族・神社本庁統理)

2018年10月20日 急性肺炎により逝去 ニュースソース

北白川 道久(きたしらかわ みちひさ、1937年〈昭和12年〉5月2日 - 2018年〈平成30年〉10月20日)は、日本の旧皇族。北白川宮永久王の第一男子。第125代天皇明仁の再従弟、第126代天皇徳仁の再従叔父にあたり、父方(永久王)の系統に属する。男系では北朝 (日本)/北朝第三代崇光天皇の18世子孫、女系では明治天皇の第七皇女・房子内親王の孫(すなわち明治天皇の曾孫)にあたる。皇族時代の名前は北白川宮道久王。北白川宮第5代当主。
1940年(昭和15年)に父宮・永久王が事故により薨去。3歳で北白川宮家を継承。未成年のため終戦時の宮家の当主の中で唯一の非軍人だった。
第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)10月14日に皇籍離脱し、以後は北白川道久となる。1960年(昭和35年)学習院大学政経学部卒業後、東芝/東京芝浦電気に入社し、東芝国際交流財団専務など歴任し2000年に定年退職 【S11】神宮の遷宮伊勢の壮大なる文化と技術の伝承学習院生涯学習センター 講師紹介。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら