インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

十川信介氏(近代文学研究者)

2018年11月18日 虚血性心疾患により逝去 ニュースソース

十川 信介(とがわ しんすけ、1936年12月21日 - 2018年11月18日)は、日本近代文学の研究者。学習院大学名誉教授。
北海道旭川市出身『北海道年鑑 2001年版』北海道新聞社。北海道旭川北高等学校を経て、京都大学国文科卒、1966年、同大学院博士課程満期退学。京都府立大学助教授を経て、学習院大学教授。2007年、定年退職。2008年日本近代文学館副理事長。2010年より花園大学客員教授。
京大で中村光夫の教えを受け、二葉亭四迷研究を始める中村光夫『二葉亭四迷伝』講談社文庫、解説。1981年、『島崎藤村』で亀井勝一郎賞受賞。
2018年11月18日、虚血性心疾患のため、死去https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38267950Y8A121C1CC0000/ 十川信介氏が死去 学習院大名誉教授 - 日本経済新聞 2018年11月28日。
*『二葉亭四迷論』筑摩書房 1971
*『島崎藤村』筑摩書房 1980
*『「ドラマ」・「他界」 明治二十年代の文学状況』筑摩書房 1987
*『「銀の匙」を読む』岩波書店「岩波セミナーブックス」 1993/岩波現代文庫 2012
*『明治文学 ことばの位相』岩波書店 2004

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら