インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

宮崎晃氏(映画監督・脚本家)

2018年11月25日 胆管がんにより逝去

宮崎 晃(みやざき あきら、1934年10月27日 - 2018年11月25日)は、日本の映画監督、脚本家。東京市(現東京都)荒川区出身。
1934年、東京市荒川区日暮里に生まれる。東京都立北園高等学校を卒業後、出版社で働くかたわら新劇の演出家を志す。4年間の社会人生活の後、東京外国語大学ロシア語科へ入学。
1961年、大学卒業と同時に松竹大船撮影所の助監督試験に合格して入社。野村芳太郎や山田洋次の助監督を務める。山田作品の多くでは脚本も共同執筆、『男はつらいよ』シリーズにも第2~6作、第11作に参加した。ちなみに、同シリーズで3本以上の脚本に参加したのは第7作以降不動のメンバーとなった朝間義隆の42本とと宮崎の6本だけである。1971年、「泣いてたまるか」で監督デビュー。1975年、戯曲『青い鳥』をベースにした「想い出のかたすみに」監督。1975年、「友情」監督。その後、松竹の契約監督になる。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら