インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

勝谷誠彦氏(コラムニスト)

2018年11月28日 肝不全により逝去 ニュースソース

勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年12月6日 - 2018年11月28日)は、日本のコラムニスト。日本写真家協会会員。
兵庫県尼崎市出身。開業医(立花駅前の 勝谷医院)の家に生まれた。本人の日記や弟の勝谷友宏によると、上に兄がいたが亡くなっている。西宮市立の小学校を経て尼崎市立七松小学校から灘中学校・高等学校/灘中学校に進学同級には和田秀樹、中田考、伊藤芳朗、飯泉嘉門らがいた灘中・灘高を舞台とした自伝小説連載『天国のいちばん底』がサンデー毎日から有料配信されている。灘高校時代には生徒会長を務めるとともに、地学研究部に所属し全国各地で鉱物を採集した。学校では教師をつかまえては議論を持ちかけるタイプの生徒であったが成績は悪く、特に数学と英語が苦手であった 作家&コラムニスト・勝谷誠彦(2/6) 花房観音 2014年7月28日。「最初から最後まで下から3番目とかだった」と回想している。卒業に関しては「私と物理学」という作文を書いて何とか卒業を認めて貰ったという経緯もあるという。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら