インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

崎山博樹氏(調教師)

2018年11月29日 病死により逝去 ニュースソース

崎山 博樹(さきやま ひろき、1950年12月14日 - 2018年11月29日)は、日本中央競馬会(JRA)所属の元騎手、調教師。なお、戸籍上の表記は「﨑」である。
* 1950年12月14日、鹿児島県出身。親戚が馬主で競走馬生産牧場を経営していたため、馬に親しみを持つようになる。騎手を志すようになるが体重が増加したため一度は断念し、16歳のときに「乗馬指導員」としてJRAに就職。しかし騎手の夢は諦められず、JRAを退職したあとに母方の祖母の弟にあたる松元正雄調教師に弟子入り。その後減量に成功し、騎手学校短期養成課程に進んだ。
* 1971年に松元正雄厩舎から騎手としてデビュー。
* 1981年7月5日、オーバーレインボーに騎乗して金鯱賞/東海テレビ杯金鯱賞を制覇。これが重賞初勝利。
* 1983年5月8日、カツラギエースに騎乗し、NHK杯 (競馬)/NHK杯を制覇。カツラギエースのデビュー戦からの主戦騎手を務めていたのは崎山であった(のちに西浦勝一に変更)。
* 1984年2月、調教師試験に合格したことに伴い、騎手を引退。調教師へ転向した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら