インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

松井栄一氏(国語学者)

2018年12月3日 肺炎により逝去 ニュースソース

松井 栄一(まつい しげかず、1926年12月1日 - 2018年12月3日)は、日本の国語学者。元東京成徳大学教授。『日本国語大辞典』の編纂過程で編集委員として中心的役割を担った。『大日本国語辞典』の編者松井簡治の孫。父は簡治の子で同辞典に関わった松井驥。俳人の大須賀乙字は義理の伯父(父の姉の夫)倉島長正「『辞書の家』松井栄一氏ロングインタビュー」、ジャパンナレッジ https://japanknowledge.com/contents/nikkoku/interview01.html。
東京都出身。東京大学卒。日本最大の国語辞典『日本国語大辞典』の編集委員として中心になって編纂を行った。また、『明治期国語辞書大系』『隠語辞典集成』の編纂にも当たった。「全然」のあとに「ない」が来なければならないという従来の常識を覆した人物でもある。
2018年12月3日、肺炎のため死去。92歳没。
*『国語辞典にない言葉 言葉探しの旅の途上で』南雲堂、1983年 ISBN 4523260885
*『続 国語辞典にない言葉 ことばの姿さまざま』南雲堂 1985年 ISBN 4523261113

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら