インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中山大三郎氏(作詞・作曲家)

2005年4月7日 中咽頭ガンにより逝去

中山 大三郎(なかやま だいざぶろう、1941年2月15日 - 2005年4月7日)は、日本の作詞家、作曲家。
主に演歌、歌謡曲を中心に作詞、作曲を行っていた。
宮崎県北諸県郡高崎町(現・都城市)出身。1995年に結婚した三佐子夫人は、アナウンサー小川宏の次女。
宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業。法政大学在学中、作詞家の星野哲郎に師事、作曲家としての活動を始める。
日本クラウン/クラウンレコードの専属作曲家を経て、尾形大作の『無錫旅情/無錫(むしゃく)旅情』、島倉千代子の『人生いろいろ』、天童よしみの『珍島物語/珍島(ちんど)物語』などの大ヒット曲を作詞、作曲した。
また、別名義に水沢圭吾・なかやま和郎がある。
テレビのワイドショーのコメンテーターとしても活躍する一方で、1989年から日本作詩家協会の常務理事を務めていたが、1999年に悪性腫瘍/癌であることを公表した。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら