インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西原親氏(政治家)

2018年12月27日 多発性骨髄腫により逝去 ニュースソース

西原 親(にしはら ちかし、1938年6月28日 - 2018年12月27日)は、日本の政治家。元福岡県みやま市長(3期)、元福岡県議会議員(5期)。
1961年(昭和36年)3月、九州大学経済学部卒業。同年4月、江商株式会社(現・兼松/兼松株式会社)に就職。1981年(昭和56年)4月から2007年(平成19年)3月まで福岡地方裁判所調停委員を務めた 市長プロフィール - しあわせつくる晴れのまち みやま。
1983年(昭和58年)4月の福岡県議会議員選挙に初当選。2003年(平成15年)の県議選において、当時定数2だった山門郡選挙区で自由民主党 (日本)/自民党公認の候補者に僅差で敗れた。県議時代は全国農業者農政運動組織連盟/全国農政連に所属した 岡県議会議員選挙(2003年4月13日)。
2007年(平成19年)1月29日、瀬高町・山川町 (福岡県)/山川町・高田町 (福岡県)/高田町が合併し、みやま市が誕生。これに伴って3月4日に行われた市長選に出馬。自民党の推薦を得た旧瀬高町長の鬼丸岳城を抑え初当選した 過去の選挙結果(2007年1月から3月まで)。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら