インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

堀秀道氏(鉱物学者)

2019年1月3日 敗血症により逝去

堀 秀道(ほり ひでみち、1934年5月21日『著作権台帳』 - 2019年1月3日)は日本の鉱物学者、鉱物科学研究所所長、鉱物標本商。東北大学博士(理学)。
東京出身。中学時代より鉱物を愛好し、櫻井欽一に師事する。東京都立上野高等学校/都立上野高校卒業後、北里大学化学科助手、モスクワ大学地質学部留学を経て、株式会社鉱物科学研究所を設立。鉱物標本の販売、鑑定、研究を行う。
新鉱物の欽一石(kinichilite、1981)、アンモニウム白榴石(ammonioleucite、1986)、ストロナルシ石(stronalsite、1987)を発見。これらの業績に対して1986年に櫻井賞を受賞。その後も岩代石(iwashiroite-(Y))、田野畑石(tanohataite)を発見。
同好会の主催や、ミネラルフェアの開催など、鉱物趣味の普及のための活動を行っている。著書『楽しい鉱物学』『楽しい鉱物図鑑』は日本の鉱物愛好家に読まれている。「開運!なんでも鑑定団」に石の鑑定士としても出演した。
水晶に対して深い思い入れがあることを、著書「水晶の本」で語っている。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら